よく効くおすすめ性病治療薬”レボクイン”の効果と副作用

レボクイン

“レボクイン”はクラビットのジェネリック医薬品です。

レボフロキサシンを主成分としていて、細菌やウイルスなどを原因としたさまざまな病気の治療に有効です。

性病薬として使われることが多く、淋病・クラミジアの治療薬として用いられています。

効果

悩み

淋病やクラミジアなどの性病以外にも、尿路感染症・前立腺炎・睾丸・膀胱炎・淋病性尿道炎・コレラ・サルモネラ腸炎・チフス・子宮内感染・バルトリン線炎など、さまざまな主に下半身の疾患や耳鼻科感染症、皮膚感染症などに効果があります。

主成分のレボフロキサシンが”細菌の増殖”のみを阻害する性質を持っているため、他の医薬品に比べ副作用がかなり少なくなっています。

服用方法

1回500mg(2錠)を1日1回お水で服用して下さい。

※レボクインの服用量は、症状によって調節してください。

レボクインは、レボフロキサシンとして1日の最大量を500mgとしてください。

副作用

レボクインは副作用が比較的に少ないことがポイントとなっていますが、下記の様な副作用が起こることがあります。

発疹、じん麻疹、光線過敏症、下痢・軟便、吐き気、めまい、頭痛、眠気

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ