性病医薬品『クラビット』効果内容副作用紹介

20131013141149a9f

感染症の治療薬にクラビットがあります。

クラビットは第一三共株式会社が販売する商品名です。

成分はレポフロキサシンが配合された薬で、ニューキノロン系の合成抗菌薬になります。

細菌を殺菌、死滅させる薬で抗菌力が高く、気管支炎等の呼吸器感染症、中耳炎等の耳鼻科感染症などが挙げられます。

その他にも。眼科感染症、皮膚感染症、婦人科感染症、歯科感染症など幅広い感染症の治療に使われます。

クラビットは万能の薬

即効性があることでも知られており、軽い風邪症状からインフルエンザの感染予防、膀胱炎などにも効果が高く、万能薬ともよばれる薬です。

使用方法

bihaku_medicined_001

通常、成人の人は1日1回1錠の服用になります。

基本毎日同じ時間に服用してください。

飲み忘れた場合は気がついたときにできるだけ早い服用を!

一気に多く服用はできません。

副作用

不眠、めまい、頭痛、動悸、吐き気、食欲不振、倦怠感、腹痛、軟便などの症状に加えて、発疹などの過敏症状やアレルギー症状などの副作用も少ないながら報告があります。

このような症状が現れた時には服用をすぐにやめ、医師に相談して下さい。

一緒に服用することで一時的に麻痺が出るようなこともあります。

必ず医師の診断を受け、薬の用量、用法ともには医師の指示に従って使用してください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ