性病薬『アジー』効果内容副作用紹介

03141328_514151f2e85fc

シプラ社のアジーはファイザー製薬のジスロマックのジェネリック医薬品です。

有効成分のアジスロマイシンは細菌を攻撃し感染症治療に効果を発揮します。

アジーは細菌感染に幅広く効果を発揮し、肺炎球菌や、インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌や、肺炎クラミジアなどに効果のある抗菌薬です。

これにより、リンパ管、リンパ節炎や咽頭、喉頭炎、扁桃炎に効果があります。

他にも急性気管支炎や肺炎や尿道炎子宮頚管炎副鼻腔炎にも効果があります。

アジーは抗生物質の医薬品として、万能な薬なので

常に常備しておく医薬品にぴったりです。

使用方法

服用方法は病名により変わります。

服用量は含有量により変わります。

リンパ管、リンパ節炎や咽頭、喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎の場合は成人に対して500mgを一日一回服用します。

アジー アジスロマイシン1000mgの場合半分服用します。

尿道炎、子宮頚管炎の場合は成人に対して1000mgを一回服用します。

副作用

アジーの副作用としてはだるさや疲れ、食欲不振、黄疸などの肝障害や便秘や下痢などの消化器症状が出る場合があります。

副作用が重いと感じた場合はすみやかに服用を中断させて、かかりつけの医師にご相談ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ