性病薬『ゾビラックス』効果内容副作用紹介

zovirax200

ゾビラックスは、単純ヘルペスウイルスのほか帯状疱疹ウイルスなどによって引き起こされる病気を治療するために主に用いられる薬です。

ウイルスに感染した細胞の内部でウイルスのDNAが複製されるプロセスを阻害し、増殖を防ぎます。

これにより、水ぶくれなどの症状を改善させます。

ゾビラックスは、主に経口薬の形で用いられますが、塗り薬タイプなどもあります。

ウイルスがまだあまり増えていない初期の段階に使用すると特に効果的です。

なお、再発を防ぐ目的で使われることもあります。

服用方法

drink_water_boy

ゾビラックスは、成人の場合、1日に5回服用します。

服用のタイミングは、ほぼ4時間ごとです。

具体的には、毎食後に加え、午後4時前後と寝る前にも服用します。

子どもの場合、服用回数は1日に4回となります。

なお、服用する錠数は、病気によって異なります。

ゾビラックスは、服用回数が多い薬なので、飲み忘れに注意が必要です。

同じ時間に服用することで、飲み忘れを防止することができます。

副作用

副作用は起こりづらいですが、下痢や吐き気などが生じる場合があります。

ぜんそく治療薬や痛風治療薬、免疫抑制薬などと併用すると副作用が起きる可能性があります。

検討している人は、医師の相談の元で服用することをオススメしています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ